« 京都 桜逍遥2010(六角堂 御幸桜) | トップページ | 京都 桜逍遥2010(枳穀邸) »

2010年3月30日 (火)

京都 桜逍遥2010(東寺 不二桜)

  「あだなりと なにこそたてれ 桜花
                 年にまれなる 人も待ちけり」

                    古今和歌集  よみ人知らず

Th_rimg0541_2

東寺の「不二桜」です。いままさに満開の時を迎えています。

この桜、五重の塔とその背の高さを争うがように、枝垂桜にしては高さのある木です。

その枝ぶりは、東寺の塔と同じように五層位に分かれています。
その枝と枝との空間にちょうど五重の塔が見え隠れし、花はあたかも五重塔に飾る雲のように見えます。

このように京都の名桜といわれる枝垂桜を見ていくと、この「不二桜」のように、桜があたかも自分の育っている場所の様子や周りの風景に応ずるがようにその姿を成している事に気づきます。

不思議な事です。

Th_rimg0567_3

五重の塔や講堂の周りの庭園では、先の「不二桜」以外の桜はまだ5分咲きくらいです。

今年の京都は、三月の中旬以降天候が不順で雨の日も多く、また気温も冬に戻ったかのような寒い日々が続いてます。(昨日(29日)は雪がふりました!)

三月初旬から咲く、早咲桜や河津桜は良かったのですが、それ以降の枝垂桜は一部の花は咲いたのですがあとに続く花々が寒さで開かず、この時期になっても、その木のすべての花が咲き誇る本当の満開には程遠い状態続いています。

そのうち、先に咲いた花は散り始めていますので、このような状態のままでいくと、もの足らない感じで前半戦が終わるのではないかと心配しています。

|

« 京都 桜逍遥2010(六角堂 御幸桜) | トップページ | 京都 桜逍遥2010(枳穀邸) »

コメント

五重塔と桜、いいですねぇ・・。
散歩に行ってみようと思いました。

今日は暖かいですがまた雨ですね。不順な天候に、どこの花がきれいに咲いているのやらわからなくなっています・・・。

投稿: はたこ | 2010年4月 1日 (木) 23時58分

はたこさん、こんばんは!

ひさしぶりに花の頃の東寺へ行きましたが、桜も塔も立派なものですね。
でも、両方共大きすぎて、一緒に見ようとすると拝観料を払う入口の手前にある駐車場が最適だというのは、笑っちゃいました。

今年は、やはり天候が不順なため、もうひとつしっくりくる美しさの桜とは出会っていません。(醍醐くらいかな?)今週末から来週前半の天気に期待するのみです。

いつもの雨宝院は来週後半頃から再来週にかけて見頃が始まると思います。ここは綺麗に咲いて欲しいですね。

それじゃ、また。

投稿: 好日 | 2010年4月 2日 (金) 23時58分

不二桜、見に行っってきました。
今日は汗ばむほどの陽気でしたが、不二桜はまだまだ見頃を保っていました。他の桜も満開で、塔周辺は桜の園。blooming 東寺!という感じでした。

雨宝院、今年も歓喜桜と御衣黄を見にいきたいなあ・・・。

好日さんのブログは、京都一、桜情報に詳しいですね。古今集の歌も紹介されていて、それも良いですねぇ・・・。

投稿: はたこ | 2010年4月 6日 (火) 17時23分

はたこさんへ
不二桜、行かれたんですね。五重塔とあの桜、ほんとうによく似合ってますね。
私が訪れたときには、まだソメイヨシノは二分咲きくらいで、不二桜のみが際立っていました。周りの花が咲き乱れればさぞ綺麗だったでしょう。

昨日、山陰線(今は嵯峨野線ですか?)から眺めると、梅小路の公園も見頃ですね。あそこも人気が出てくると思いますよ。

来週後半にはいいよいよお望みの「雨宝院」の見頃が始まります。
これからが京都人の花見がはじまります。
また、書き綴りますのでよろしくお願いします。

投稿: 好日 | 2010年4月 7日 (水) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/34006970

この記事へのトラックバック一覧です: 京都 桜逍遥2010(東寺 不二桜):

« 京都 桜逍遥2010(六角堂 御幸桜) | トップページ | 京都 桜逍遥2010(枳穀邸) »