« 京都 桜逍遥2010(八坂界隈の桜) | トップページ | 京都 桜逍遥2010(二条城 ライトアップ) »

2010年4月 8日 (木)

京都 桜逍遥2010(冷泉通 夷川発電所の桜)

  「枝よりも あだにちりにし 花なれば
           おちても水の あわとこそなれ」

                古今和歌集  菅野高世


Th_rimg0121

この時期の京都、どこへ行っても桜が咲いていますし、どこへいっても人にあふれています。
だから、行く場所と時間を選ばないと、桜を見に行っているのか、人を見に行っているのかわからない状態になります。

そんなわけで、長い間桜を見て廻っていますと、自然とお気に入りの場所が決まってきます。

岡崎辺りでは冷泉通の岡崎から鴨川に掛けての区間がそうです。

平安神宮から岡崎公園の辺りの人々もここまで訪れる人は少なく、桜も今が盛りの木々が多く、ほんとうにきれいな景色が続きます。

Th_rimg0143

特にお気に入りは、夷川の発電所付近です。

今も発電しているのかわかりませんが、山科、岡崎と流れてきた疎水が一旦この場所でせき止められ、この水門から流れていきます。

深い緑色をした疎水の水が、この水門で白い泡をたてて流れ落ちます。その白色は、桜の白色とはまた異なった清冽な色です。

桜の花も、じっと動かない状態でしたらあまり魅力がありません。
かすかな風に揺れたり、落ちる花びらが流れたり、背景の空に浮かぶ雲が桜の白に混ざったり、このように傍を水が流れたり、なんらかの動きの中でこそ、その小さな可憐な花がその魅力を発揮してくるんだとおもいます。

Th_img_0125

桜の魅力は、見るのではなく、感じるものだと思います。

|

« 京都 桜逍遥2010(八坂界隈の桜) | トップページ | 京都 桜逍遥2010(二条城 ライトアップ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/34181993

この記事へのトラックバック一覧です: 京都 桜逍遥2010(冷泉通 夷川発電所の桜):

« 京都 桜逍遥2010(八坂界隈の桜) | トップページ | 京都 桜逍遥2010(二条城 ライトアップ) »