« 京都 桜逍遥2010(千本えんま堂 普賢象桜) | トップページ

2010年4月19日 (月)

京都 桜逍遥2010(六孫王神社 里桜)

  「ちる花を なにかうらみむ 世の中に
                 わが身もともに あらむ物かは」

                      古今和歌集  

Th_imgp0684

京都では八重桜系や里桜系の桜というと、ポツーン、ポツーンと葉桜になりつつあるソメイヨシノや枝垂桜の間に独立して咲いている場合がよくあります。だからこの時期の桜好き達は、あっちへチョコチョコ、こっちへチョコチョコと歩き回っています。

しかし、八条壬生川にある六孫王神社では様子がちがいます。境内にある大方の桜が八重桜系、里桜系のためちょうどこの時期が見頃の季節となります。

ちょっと聞き慣れないこの神社は清和天皇の第六皇子貞純親王の御子経基王を祀る神社です。第六王子の孫を祀る神社だから六孫王神社と呼ばれてます。
また、この経基王が初めて「源」という姓を授かったので、この神社は源氏発祥の神社ともされてます。


Th_imgp0711

桜の花の特色として一つの芽からいくつかの花が咲くという点がありますが、この神社の桜はそれが集まってテニスボール位の大きな花房になります。

「鬱金」か「御衣黄」か判別付きませんが、その花のボールの中に紅が走りきれいな花房になってます。

本当に、見事!見事!

まるで宙に浮いた桜の手毬みたい。
ポーン、ポーン宙に舞う手毬みたい。

綺麗ですね。

Th_imgp0681

この神社の横は新幹線の高架になっており、桜を観ている間にもその上を新幹線が走っていきます。

ちょうどこの辺りだったら、新幹線の乗客は東寺の塔の方眺めているのでしょう。
また、この花はあまりにも線路に近いところで咲いているため、乗客の目からは線路脇の塀に隠され見つけることはできないでしょう。

これだけ美しい京都らしい桜が咲いているのに惜しいことです。


|

« 京都 桜逍遥2010(千本えんま堂 普賢象桜) | トップページ

コメント

はじめまして
能面や狂言面をさがしてこのブログに辿り着きました。
京の文化に造詣が深い方だと思いコメント差し上げました。
面の写真を私のブログにアップしましたので見ていただけないでしょうか?

http://web.me.com/praha1952/IIDA-YA03/Blog/エントリー/2011/8/19_謎の面.html

分かっている事は、京都の知人(80代女性)の母親が嫁いだときに持ってきたという事だけで、ご本人はそれ以上何も知りません。
私はこの面を一目見て気に入り、その方に調べてみるからと伝えたものの、現時点で何も手がかりがありません。
日本のものかどうかも分かりませんが漆塗りです。
もし何か手がかりをお持ちでしたら教えてください。

投稿: praha1952 | 2011年8月19日 (金) 20時49分

京都に関する様々な記事を拝見して感動いたしております
この度「六斎念仏」について調べておりましたところ
こちらのブログにたどり着きました
壬生六斎念仏の紹介に写真を使用させて頂いてもよろしいでしょうか
お返事お待ちいたしております

投稿: やすなが | 2012年9月20日 (木) 14時41分

はじめまして、やすなが様
長い間、放置していたBLOGに対して、突然このようなコメントをいただき、一抹の戸惑いと、驚きを感じております。
ありがとうございます。
写真の件ですが、利用していただいてかまいません。
また、どこかでこの写真を見ることを愉しみにしております。

投稿: 好日 | 2012年9月21日 (金) 11時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/34342233

この記事へのトラックバック一覧です: 京都 桜逍遥2010(六孫王神社 里桜):

« 京都 桜逍遥2010(千本えんま堂 普賢象桜) | トップページ