« 京都 桜逍遥2010(番外編 湖北 高時川の桜) | トップページ | 京都 桜逍遥2010(六孫王神社 里桜) »

2010年4月17日 (土)

京都 桜逍遥2010(千本えんま堂 普賢象桜)

  「のこりなく ちるぞめでたき 桜花
                 ありて世の中 はてのうければ」

                       古今和歌集 

Th_imgp0640

千本寺之内にある「千本えんま堂」の普賢象桜が満開です。

このお寺、正しい呼び名は「引接寺(インジョウジ)」というのですが、京都の人間にとっては「千本えんま堂」という呼び名のほうが知られています。なぜならこのお寺の本堂にはデ〜ンと大きな閻魔さんが構えておられ、お盆の頃には先祖霊である「おしょらいさん」を迎へに来るお寺だからです。

画像の普賢象桜の向こうに見えるのが、お盆の時に、先祖の名前を書いた水塔婆を流す「潅頂池」におられる仏さんです。

このころは「花潅頂」のように桜の輪に囲まれておられます。

Th_imgp0635

そして、このお寺には紫式部の供養塔が建ってます。

一説によると、紫式部は源氏物語で仏教の教えである不殺生、不偸盗、不邪淫という3つの罪を犯すことを示したとされ、亡くなった後は地獄に落ちたそうです。
それを憐れんだこの寺の僧侶が供養塔を建て供養することにしたと伝えられています。

日本文学の金字塔ともされる「源氏物語」も罪作りな物語なんですね。

Th_imgp0650

これは普賢象桜の一種の「二尊院普賢桜」です。

普通の普賢象桜より少し紅が強く、小ぶりの花です。いろんな桜があるのですね。

 京都の桜もソメイヨシノが散り、サトザクラ系の緑色の花で有名な「御衣黄桜」や「鬱金桜」、そして葉化した雌しべが花の中から2本顔を出すこの「普賢象桜」等が、今年最後の花を咲かせてます。

もう残り少ない花の季節ながら、これらの花を観なければ京の桜は終りません。

|

« 京都 桜逍遥2010(番外編 湖北 高時川の桜) | トップページ | 京都 桜逍遥2010(六孫王神社 里桜) »

コメント

この桜も良い桜ですねぇ・・・。
まだこたつにストーブを使うくらい寒いので、八重の季節もそろそろ終わりなんて信じられないくらいです。

投稿: はたこ | 2010年4月22日 (木) 22時50分

はたこさんへ
ご希望の普賢象桜、見事に咲いてましたよ〜。
桜の横では狂言舞台の準備を初めてられました。
今週末から神泉苑狂言も準備に入ります。また。どーぞ・・・。

しかし、寒いですね!こう寒いとなんか暖かいものが恋しくなりますね。
私なんぞは、昨晩も鍋食べてました。

風邪ひかんように、気付けてください。

投稿: 好日 | 2010年4月23日 (金) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/34316478

この記事へのトラックバック一覧です: 京都 桜逍遥2010(千本えんま堂 普賢象桜):

« 京都 桜逍遥2010(番外編 湖北 高時川の桜) | トップページ | 京都 桜逍遥2010(六孫王神社 里桜) »